ええっ❕そうなん❓イタリア語㉖いよいよ時制に突入するで(^v^) 直説法近過去avere型

È troppo caldo!

いよいよイタリア語の時制のお勉強に入るで。このブログはひと通りの文法が終わるまでを書く予定やから、イタリア語に興味がある方・勉強しようと思っている方、読んでくれたら嬉しいです(*´▽`*)良かったらコメントも下さいね。

さて今日は現在と何らかの関わりのある「~した・してしまった」過去を表す<直説法近過去>を学ぼ。

イタリア語の動詞には英語と同じように過去分詞があって、<直説法近過去>はavere型とessere型がある・・ええっ!そうなん?Σ(・ω・ノ)ノ!

どちらをとるかは動詞によって決まっており、他動詞のすべてと自動詞の一部はavereをとる。

avere型<直説法近過去>はavereの直説法現在+過去分詞で作る。

まずよく使う動詞の不定詞と過去分詞をいくつか挙げてみる。

parlare(パルーレ)話す→parlato(パルート)
avere(アェーレ)持っている→avuto(アート)
capire(カーレ)わかる→capito(カート)
fareァーレ)する・作る→fattoァット)
direィーレ)言う→dettoット)

この中で⑪でも勉強したparlareを例に活用を見てみよ。因みにavereの活用は⑨で出てきたよ。

ho parlato(オ・パルート)
hai parlato(アイ・パルート)
ha parlato(ア・パルート)
abbiamo parlato(アッビーモ・パルート)
avete parlato(アェーテ・パルート)
hanno parlatoンノ・パルート)

ノォ(ノ・ω・)ノオオオォォォ-…えらいこっちゃ。「主語は話した」の使い分けが大変やぁ。

でも・・主語がなくてもこれで分かるようになってるから、それに慣れれば良いのか。

今日も少し前進。
皆さんも発音してみてね(*^▽^*)

ほんならまた。

私の海外/国内旅行の心に残った映像・画像はこちらから↓
YouTube:KINUCHANNEL
instagram:k.silk.0925

この記事へのコメント

2021年09月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30      

カテゴリ

過去ログ